若ハゲの原因を突き止めろ!原因から対策を発見する

AGAとは思春期以降におでこの生え際や、頭頂部の髪が、両方共、または一方が薄くなってくる状態のことです。

若ハゲ=AGAと捉えている方も多いようですね。AGAの原因は男性ホルモン、遺伝が原因と言われています。この他にも、生活習慣の乱れやストレスも原因と考えられているようです

遺伝が原因の場合は、正直どうすることもできません。しかし、男性ホルモンが原因の場合にはクリニック等で適切な治療を受けることができます。

AGAの治療方法

AGAの治療の方法は、外用薬を頭皮に塗ったり、治療薬を服用する方法、そして施術をするという2つの方法があります。基本的な治療方法は、薄毛の進行と食い止めて、頭皮ケアをするというものです。

プロペシア

薄毛の進行を食い止めるにはプロペシアを使用します。プロペシアとは、AGA用の飲み薬です。抜け毛を防ぐ、髪を強くするという効果があります。

プロペシアを服用してすぐに効果があらわれる方もいらっしゃいますが、数年間の服用で髪が増えてきたという方が多いです。

プロペシアには副作用があります。胃の不快感、男性機能の低下、肝機能障害などです。プロペシアを使用する場合には、お医者さんに効果と副作用について詳しく話を聞くことをオススメします。

ミノキシジル

毛母細胞を活性化させるためによく使われているのがミノキシジルです。ミノキシジルとは血管を広げて、一時的に血流を増加させます

頭皮の血行が良くなると発毛に必要な栄養素や酸素が毛母細胞に行き渡り、これにより発毛が促されるというわけです。

ミノキシジルにも副作用があります。頭痛、性的不能、不整脈、顔のしびれなどです。プロペシア同様、ミノキシジルも使用前にはお医者さんに、詳しい話を聞きましょう。

クリニックでの治療

AGAの治療をクリニックで行う場合には、問診や触診を行います。原因を見極めて、それに合った薬が処方され、薬の服用+頭皮ケアがメインになりますね。週に何度も通う必要はなく、基本的には月に1度の診察です。

AGAの治療は数年かかる場合がほとんどで、3年間治療を続けるとほとんどの方がAGAの進行が収まると言われています。

日常生活における若ハゲの原因

若ハゲの低年齢化が進んでいる昨今、その原因は日常生活にも多く見られます。ストレス、飲酒、偏った食生活です。

ストレスが溜まると、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、頭皮に栄養素や酸素を送ることができないので、髪に栄養が行き渡らずに抜けてしまいます。

飲酒をすると血流が良くなります。では、飲酒は若ハゲの原因になりえないのではないかと思いますよね。

適量の飲酒だと血流が良くなるのですが、お酒を飲みすぎてしまうと分解しきれなかった毒素が体中を循環し、脱毛を促進させる物質を増やしてしまうんです。ですから、過度の飲酒は髪に良くありません。

偏った食事を続けると、血中のコレステロール濃度が上がり、皮脂分泌が増加して毛穴が詰まりやすくなってしまいます

自分にできるケアを見つける

若ハゲの直接的な原因は、ストレス、過度の飲酒、偏った食事ではないかもしれません。しかし、これらの生活が若ハゲを助長するということは明白です。

不健康な生活だけでも、十分に若ハゲの原因になってしまいます。忙しく働いていると、健康的な生活を送ることは困難です。できる範囲のことを継続して、その他の部分は専門的な機関に任せるのが一番。

自分が無理なく続けられることを見つけ、それを継続していきましょう。

薬の服用や、頭皮のケアなど専門的なことは、お医者さんに相談して自分の頭皮にあったケアをしていくことで、若ハゲも次第に改善していきます。

若ハゲで悩んでいる人はこれからも増えていくでしょう。諦めて放置せずに、少しでも向き合うことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です